管理用 ホーム

雑記帖

幻夢騎スタッフによる雑記です。

つれづれなるままに、よしなしごとを・・・

Prev Next
null画像 「TECH GIAN」に載った・・・♪(なし) -66- 「TECH GIAN」に載った・・・♪

えっと、最近バタバタしているへっぽこの代表です。

同人ソフトや同人誌がゲーム雑誌の情報コーナーに掲載されたりする場合、編集部さんから連絡があって「今度この作品を載せますのでいいですか? つきましては情報下さい」とメールなんかがあります。
画像等のデータを送っておくと、「校正」といって「こんな記事になりますが、記載内容に問題ありませんか?」と確認がやってきます。
そうして、しばらく経った頃には作品情報が掲載された「見本誌」が郵送されてきたりするわけです。

幻夢騎の作品、数はそんなにないのに、一通り美少女ゲーム雑誌数誌には掲載されてきました。同人ソフトなので扱いはとても小さいですが。
今回はエンターブレイン様の「TECH GAIN」に『斬羅鬼』掲載、そして付録CD-ROMにはデモムービーまで収録して頂きました♪
やっぱり嬉しいですよねえ・・・掲載ページに付箋を貼って大事に本棚にしまっちゃったりして(*´∇`*)

メーカー勤務時代に何度も実際に遊びにいったエンターブレインの編集部・・・同人ソフトでここの雑誌に掲載されるようになるとは、何とも気分が複雑で何だかくすぐったいです(笑)
何よりも、商業でお仕事させて頂いた作品が同じ号に掲載されていたりして、もっと気分は複雑だったりして・・・(爆)

2006/09/22
 
jpg画像 悩ましー(img65.jpg) -65- 悩ましー

「新作作ろうぜー!」とこっちで叫び、「そろそろ仕上げよー!」とあっちで叫び、「これっていつ出すんだっけー?」とひとりで混乱・・・ああーーん、何だかお仕事と同人とゴッチャになってひとりでてんてこ舞いしてる感じの、マネージメントが下手くそへっぽこ代表です(x_x;)
こうやってバタバタしながら何となく(爆)作品を作っていくのが同人の良き所なのかしらなんてコトも思いつつ、肩が病気でイってしまい数日はお仕事を休業 ≧w≦
何とか復帰しまして・・・まだ薬は飲んでますが・・・遅れてる作業やります、はい。何とか挽回しまーす。ごめんなさーい!>スタッフALL

2006/09/08
 
jpg画像 ドロドロっと・・・(img64.jpg) -64- ドロドロっと・・・

お久しぶりに雑記を書かせていただきます。るーんです。今度のCG集は特にシナリオなど最初はない予定でしたのでCG班中心でのんびりのんびりと進めてきました。代表がこのところ勝手に「汁アプリ」「汁アプリ」と呼んでいますが、作っている制作陣はあくまでもインタラクティブな要素はあるものの、CG集のつもりです。
どんなぐらいドロドロなのかというと、こんなくらいです。これが多いか少ないか、それは遊んで下さる方の判断次第ですが、制作の現場から言いますとかなり苦労して一つ一つの汁を書き込んでいます。
『やるなら徹底的に』を合言葉に、1枚のCGに100回射精しましょう!と意気込んできました。

ちょうど代表からメッセが来たので思い出して雑記を書いているわけですが、声優さんにお願いするボイスの脚本はやっぱり書いているようで、1シーンに100回も射精されたのではセリフのネタが続かないと泣き言を言っていました。

がんばれ脚本!がんばれ声優さん!がんばれ皆のさらさちゃん!

2006/08/24
 
jpg画像 メガネを描いたのは誰だ?!(img63.jpg) -63- メガネを描いたのは誰だ?!

今度の汁企画(笑)の主人公、名前は「さらさちゃん」です(最初はちゃんとした設定があったわけではないのに、いつの間にか仲間内ではそう呼んでますw)が、原画の段階ではいくつかのシーンでしかメガネをかけていませんでした。
なのに、←の画像もそうなのですが、今では半分以上のシーンでメガネをかけています。メガネをかけていない顔も、床にメガネが落ちてしまっていたりします。今ではすっかり眼鏡っ娘なのです。
実は!さらさちゃんにメガネだけCGで描いてかけまくらせたのは、本来はCGは本業ではないへっぽこ代表その人だったのです(爆)
「ボク、CGは下手なんで、最終の色味の調整くらいはしますね・・・他はお願いします・・・」と弱気な発言の裏に野望を隠し・・・遂にCGが着彩から上がってきたあぁ! その瞬間、彼の悪乗りは加速し、下着に模様は書き込むは、シワやらレースやらを細々と描き込むは、果ては原画にはないメガネを描き込み、勝手に絵を改造している傍若無人ぶりを発揮。だって好きなんだもンっ(はぁと)
最初は「原画家さんに断らなくていいのかなぁ・・・」というるーん氏の心配をよそに「出来上がったのを見せてどうしてもダメなら削除しますよぅ」なんていい加減ぶりで“あくまでも試作”と称してをメガネを作りまくる代表。
結局は原画家さんも「イイ!( ・∀・)v」とおっしゃって下さって、晴れてさらさちゃんはボクたちのぶっかけ眼鏡っ娘アイドルとなったのでありました。ちゃんちゃん♪

2006/08/18
 
jpg画像 最後はこうなる・・・(img62.jpg) -62- 最後はこうなる・・・

最後はこんなになっちゃいます・・・・き、鬼畜系だったのか(==;

相変わらずFLASHでつまずいてて・・・動いてはいるのだけれど、何だか最初に思ってた通りぢゃないの・・・(x_x;)

うーん・・・ちょっと組み直してみます、明日以降・・・おにいちゃん、ぼく、疲れたよぅ・・・

―――――ってゆ―――――っかさ―――――っ!
シナリオライターにこれさせるかなぁ!!ってくらいに、FLASHのプログラミング、日本語じゃないんですけどぉぅ!(当たり前

2006/08/11
 
jpg画像 ↓の絵が・・・(img61.jpg) -61- ↓の絵が・・・

こんな風になっちゃう・・・そんなインタラクティブなCG集を企画中です。
ちょっとFLASHのプログラミングでつまずいちゃった><
現在必死に本とwebを調べながら格闘中・・・大丈夫なのか@@;(滝汗)

2006/08/10
 
jpg画像 インタラクティブCG集(img60.jpg) -60- インタラクティブCG集

現在こんなの進んでます・・・ってことで^^;
これの原画を描き始めたのが去年の今ごろ・・・背景ができてきたのが去年の年末くらい・・・CG仕上げたのが今年の春くらい・・・やっとFLASHで組み始めたというか何というか・・・

今度はゲームじゃないです。
何て言ったらいいでしょうか・・・汁アプリ?(爆)

初めてFLASHで組もうとしているので苦労しているのです・・・_| ̄|○

2006/08/08
 
null画像 最近思うことー(なし) -59- 最近思うことー

最近、ふと思うんですけどね・・・何か同人の世界がすごく商業化してるっていうか・・・・・
うん、幻夢騎だってシェアウェアで作品公開している以上は、そんなことを言えた義理じゃないんですけど、とあるサークルの代表者さんとお茶話の時、

おおやぎ「ホントうちはプロばかり集まってやってるっていっても、やってるおおやぎ本人が同人のつもりでやってますからねー(笑)」
某代表「今は同人のほとんどが売り上げ上がって、実質プロみたいなものじゃないですかー」
おおやぎ「やっぱり同人っていう世界はボクもココ出身なので大事にしたいんですよねぇ。集まったメンバで作りたいものを作るって、純粋に楽しいんですよね〜」
某代表「だったらいっそプロ同人になっちゃえばいいじゃないですか」
おおやぎ「いやー、商業作家辞めろってですか?(笑) それはできないっすよー。プロとしての仕事あっての同人ですから〜」
某代表「いやいや、今はもう同人で儲かる方法考えた方がいいですよー。同人の方が正直儲かるしー」
おおやぎ「えー、イヤですよぅ。本職捨てたら同人にならないじゃないですかー。仕事と趣味の接点が、たまたま同じスキルにあったってことにしておきたいのにー」
某代表「何か言ってることがプロっぽくないですねー。儲け考えないとプロとして失格ですよ〜」

―――と、こんな他愛のないことをダベっておりました。

なんか両者の会話が妙にズレてると感じるのはボクだけでしょうかね^^;
最近とみに思うし、メンバにも実はちくりちくりと言われはするんですけど、「同人サークルをまた立ち上げ直して、今度はこれを大きくするつもりあるんですか?」って・・・

正直、そういうつもりはほとんどないです、はい。
あくまでも自分はプロの商業作家で、脚本家です。お仕事はお仕事、同人活動は同人活動。気持ちの上のけじめだけは大事にしたいんですよね。売れる・売れないで自分の人生決まっちゃうような、そんなヘビーなものを同人に求めたくないので...
周囲からは幻夢騎だって中身はプロプロって見られてて、ショップさんや販社さんやメーカーさんからお声掛けを頂くのは嬉しいのですが、今はまだしばらく、自分の作品作りっていうの、ライトなものも、ヘビーなものも含めて、ノロマな亀の足取りで、けれど着実にやっていきたいだけなんですよね...

なんでシェアウェアでやってたら「どうせプロでしょ」とか言われなきゃいけないんだろ・・・中身は確かにプロだけど・・・
本職がウェブデザイナーのるーん氏が作ってくれたホームページですら「ああ確かにサイトもプロっぽいですよね。実質商業ですよね?」とか言われなきゃいかんのだろうか・・・もっと変な手抜きサイトの方がいいとでも・・・

売れた・売れないのモノサシでしかモノを計れないなら、最初から同人じゃなくてもいいと思うんですけどねぇ・・・違うの?
あーー、気軽に楽しく苦しく同人制作していたいねー♪

2006/07/23
 
jpg画像 パッケージ版が手元に届いた! & 通販の話(img58.jpg) -58- パッケージ版が手元に届いた! & 通販の話

パッケージ版が手元に届きました! お店では一足早くに発売されていたようなのですが、サークルにパッケージ版が届いたのは今日ですね。別に遅れたわけじゃなくて、こっちに何本下さい!って言うのを忘れていただけという・・・^^;(やっちゃった...)
ご出演頂いた声優さんや原画さんのところにも、サンプルで一本送ったので、是非遊んで・・・いや、DL版でしっかり遊びましたよね・・・だからパッケージ版は綺麗に飾っておいて下さい(爆)

あとはサークル通販、一応、始めました(*゜▽゜)ノ

うちのサークルとして通販するなんて10年間で初めての経験(どきどき・・)なので、ポカがあったらごめんなさいm(_ _)m
フォームを設置してもらう時、サイト管理のるーん氏に「できるだけ同人ショップとかで買ってね!て絶対に念を押して書いておいて下さいね!」とそれこそ何度もメッセンジャーで念を押したのですが、今、頁更新したよとフォームの試験も兼ねて見てみると、実に念が押してあります(笑) ありがとう、るーんさん♪

というわけで、今は『斬羅鬼』の取扱しかありませんが、通販、ご利用なさらないで下さい!(爆) 絶対にポイントとか付く同人ショップさんの会員になった方がお得なんデスから!!
それでも「幻夢騎から直接に商品を送って来なきゃヤなんだい!(だだっこ光線!)」という方、ご注文をお待ちしております♪
(結局どっちなんだ・・・・・)

2006/07/21
 
jpg画像 7月15日 パッケージ版(img57.jpg) -57- 7月15日 パッケージ版

『斬羅鬼 -ZARAKI-』パッケージ版 7月15日 発売です♪

近年DL販売が盛んになったことを契機に活動を再開した幻夢騎ですが、ちゃんとしたパッケージになるなんて夢みたいな話だよぅ、おにいちゃん。ドキドキしちゃうネ☆

昔はCD-Rでイベントに委託で持ち込むのが精一杯だったことを考えると、今さらながらに最近の同人ってすごいなーって思ったりします。他のサークルさんなら当然のようにやっておられることかもしれませんが、貧乏サークルのうちにとっては結構感激することだったりするのです....感無量。

2006/07/03
 
null画像 ムービー完成(なし) -56- ムービー完成

えっと・・・今日の早朝(?)・・・いや、昨日の夜ですね、うん。
お兄ちゃん、わたし眠たくってちょっとよく分かってないみたいぃ。。。

というわけで、『斬羅鬼 -ZARAKI-』のイメージムービー、完成させてみました♪
さすがに我が幻夢騎のサーバーでは公開できないので(重くなると困るのですぅ)今回もダウンロード支援のミラーサイトさんにご協力を仰ぎます。
準備ができたら早速公開しますので、お楽しみにネ☆

あと、パッケージ版はいつになるんだろう・・・これも具体的な日にちが決まったら報告するネ、お兄ちゃん♪

2006/06/28
 
jpg画像 斬羅鬼デモムービーとパッケージ版(img55.jpg) -55- 斬羅鬼デモムービーとパッケージ版

ようやく色々な話がまとまりまして、ようやくレーベルデータやパッケージデータも納品することができました。果たしてこれで無事にパッケージ版が出せることを祈るばかりです。何か問題起こらないといいな・・・いいな・・・いいな・・・。
というわけで、パッケージ版はパッケージ版でゲームの内容は違っていませんが、インストーラーを付けて、レーベルはフルカラー仕様のCD-ROMを入れて、当然ながらトールケースのパッケージに入ってて・・・という感じの作品になります。
これに合わせてデモムービーも公開できると思いますので、お楽しみに♪
(実はムービー編集は2年ぶりというへっぽこ代表@しかも本業は脚本家なのに何故?!)
来月(7月)の中旬には各同人ショップさんで販売開始でーす☆
気になる通販の取扱ですが、基本的には通販は皆さんが常にお使いのショップさんに注文して頂けるとよいかと思います^^
でもでも、近所にショップさんがないーというお人のために、サークルでも通販しようかなと検討中です。あくまでもそれはショップとかで買えない方の為に、かなぁ。
もう一つ気になる価格の問題ですが、これはもうダウンロード版と同じ価格でありますよ。我々は基本的にゲームを遊んで欲しいので、パッケージにすることだって、原則的には利益は二の次。原価が少しかかっちゃってるわけですが、『DLはちょっとなぁ・・・』というユーザーさんが結構いるんですよ!是非ともパッケージ版出しましょうよ!と口説かれて、それだったら、赤字さえ出なければやりますぅ、という弱腰でパッケージ版を決意って感じ。
今は斬羅鬼についてしか計画は進んでいませんが、そのうち、他のソフトも同様にカバーできるといいですね...(いつになるのやら。実は結構メンバ皆が今すっごく忙しくて時間ないのだ・・・)

2006/06/26
 
null画像 現在は何を・・・(なし) -54- 現在は何を・・・

現在は何をしているか、幻夢騎は・・・はい、何をしているんでしょう?(爆)
基本的には去年の秋くらいから予定を組んでぼちぼちとるーん氏を中心に進めているインタラクティブのHなCG集の制作が進んでいます。
で、肝心のへっぽこ代表は何をしているのか? ―――もちろん生存しておりますとも(滅
サークル「幻夢騎」の件では、そうですねぇ・・・『斬羅鬼』のパッケージデータとかレーベルデータなんか作ってます。本来はパッケージ版を作る予定もなかったのですが、色々なところから幸いにもお声がかりがありまして、そのうちの一販社さんがよくして下さるので、ご好意に甘えてパッケージ板も検討してみようかなあ、という運びになっております。
まだちょっと、いつパッケージデータとかが完成してリリースできるか未定なので(相変わらず「出来上がったら、でいいですか?^^;」といったようなお願いの仕方ばかりしております...)詳しいことは書けませんが、まあ、そんな感じデース。
あとは・・・本作をリリースした1ヶ月も2ヶ月も遅れて今さらなのはどーなの?!と仲間内でも議論はあったものの、『斬羅鬼』のデモムービーみたいなものを準備中です。これは販促とかそんなんじゃないですね、もう・・・遅過ぎる・・・ほとんど(というか99%)へっぽこ代表のムービー編集のリハビリ作業と化しております。

2006/06/12
 
null画像 バグとか出ないとホッとします(なし) -53- バグとか出ないとホッとします

新作をリリースして半月ほど経ちました。今回はあまりのゲームのボリュームに、正直デバッグやテストプレイがすごく大変でめちゃ苦労したのですが、その甲斐もあってか、今のところはバグやエラーのご指摘が一つも届いていないので、少し安心しています♪
「ダウンロードの際にファイルを破損されたのではないかな?」サポート担当が考えるお問い合わせは一件あったようですが、たまさかるーん氏が対応して下さり無事に解決したようでした。
そんなこんなで、新作公開からはサークルのお仕事をサボってるんじゃないか?!ていうくらいに作業をストップしているへっぽこ代表であります(゜ー゜;A
今度の新作や、仲の良いサークルさんとの交流などなど、一応、水面下では色々と活動もしております、はい(^^;
るーん氏を中心とするCGチームも遅れに遅れた新作の準備をしているようですし...また新作でお会いしましょう♪とは胸を張って言える段階ではありませんが、兎にも角にも、『斬羅鬼』に致命的なバグ・欠陥・エラーが出なくてホントにホッとしています☆

2006/05/11
 
jpg画像 祝・『斬羅鬼』公開! と価格の話とか(img52.jpg) -52- 祝・『斬羅鬼』公開! と価格の話とか

祝!新作『斬羅鬼 -ZARAKI-』公開! ぱんぱかぱーん!
ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)=(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
というわけで、スタッフはまたそれぞれのお仕事に戻っていきましたとサ☆

・・・そんな幻夢騎ですが、今回の新作を公開するに当たって本当の意味での最後の関門は、スタッフ間で議論に議論を重ねた“価格”の問題でした。
前にもこの雑記に書きましたけど、無料公開のフリーウェアだとボクたちはすでにもう同人活動を引き上げて本業に戻っていると思います。やっぱり些少なりともこれが有料のソフトウェアなんだ、プロとして恥ずかしい仕事はできないんだ、という戒めというか自負の気持ちがないと作品のクォリティーを保てない、ある意味で情けないボクたちです(^^;
そこで今回の価格についてはモメにモメたのです(滝汗)
――というのは、従来通りの1500円にするか、容量に合わせて少し高い値段にするか、ということでした。結果はご覧の通り、同人ソフトとしては少し高めの2300円という設定にしました。
遊んで下さるユーザーさんには本当に申し訳ないのですが、これがボクたちの出した結論でした―――つまり、やっぱり容量に合わせて適価を設定するべきだ、と。
大した作品を発表できているわけでも、たくさんの作品を公開しているわけでもありませんが、これだけは信じてもらってイイと思います―――ボクたちサークル「幻夢騎」っていうのは、あくまでも適価主義です。売れたから値上げするつもりもないし、逆に売れるようにと安値にすることもない。あくまでもボクたちの目で見て、ですけど、適当と思える価格で提供しないのなら、さっさとフリーウェアに切り替えるか、同人活動そのものをやめてしまおうと思うのです。
だから今後1500円が標準とも思っていないし、2300円が標準とも思っていません。あくまでもソフトの内容に合わせて、周囲を見ながらその時その時の適価を探っていきまーす☆
『お・な・に』ボイス版を作ろうと言った時も、音声無し版がすでに1500円で公開してあるのに同じ価格なの?!という意見がスタッフ内でありました。でも、これは意味としてリメイクなんかじゃなくってバージョンアップなのだから同じ価格でいいじゃないか、という結論へ。

そんなこんなで(どんなだ?)新作『斬羅鬼』は2300円での公開となりましたが、ボリューム的にはそれだけの内容を込めたつもりなので、是非ともプレイしてみて欲しいです。その上で本当にその価値なんかないよ!とお感じになられましたら・・・・えっと・・・えっと・・・ジャンジャンとメールとかで罵声を浴びせて下さいm(_ _)m

2006/04/30
 
null画像 確信犯なんです・・・・(なし) -51- 確信犯なんです・・・・

『斬羅鬼 -ZARAKI-』の紹介ページが公開ですね!
サイト管理のるーん氏、ご苦労様です。うんうん。

というわけで、ようやく斬羅鬼 -ZARAKI-の全貌を皆様にお見せできることになりました♪
ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

・・・・ああ、疲れた。本当に疲れました。
デバッグが終わるか終わらないかのうちに本当に熱を出して倒れてしまうなんて、いつの間に自分はこんなに憔悴し切っていたのか・・・というよりは歳をと(ry

で、今回は初回からボイスサンプルやフリートークを公開ですよぃ、と。
その中で・・・いやあ、皆さん色々なフリートークを寄せて下さり、ほとんど『スタッフですら初めて知ったんですが!』的な事実が・・・聴きながら、笑ってしまったり、ひたすらに恐縮してしまったりのCV様のフリートークでした☆
だからボクは個人的にフリートークって好きなんですよね〜。

はい。そして確信犯なのです。
もっとも明るく楽しかった平沢さんのフリートークに、劇中でも1、2を争うくらいの切なげな音楽を付けたのは私です...すみません。音楽を付けながら3回くらい笑ってしまいましたw

2006/04/24
 
jpg画像 βアップ・・・公開まであと少々です(img50.jpg) -50- βアップ・・・公開まであと少々です

ようやくようやくβ(ベータ)バージョンに組み上がって最終デバッグに突入。それもようやく一段落しまして、99.9%の完成!と言える状態までやってきました。
ゲームの方はこれでよしと言える状態なのではないでしょうか・・・ということで、あとはreadmeファイル、要するにマニュアルになるテキストを書いたりして公開用ファイルの準備を進めるだけです。
ただしまあ、サークル「幻夢騎」のいつものお決まりというか鉄の掟といいますか、ソフトそのものが通常の意味でのマスターアップをしてからあとはスタッフで最後までコンプリートプレイし上がったらそこが『本当の完成』でリリースですよ、ということになっておりますので、公開までは少々だけお待ち頂くことになります...ええ、すみません。
過去の『お・な・に』にしても『熱血』にして『すみれ』にしても『金魚草』にしても、こんなに苦労はしなかった・・・・こんなに苦労はしなかったのに、今回の『斬羅鬼』はいったい何なのだ・・・?!

作るのに苦労したゲームっていうのは、調整するのに苦労するゲームで、デバッグするにも苦労するゲームなんですね_| ̄|○

追伸
 ゲームの公開と同時にHPでも作品紹介ページを公開できるようにるーん氏が頑張ると言っております。ええ、週末頑張ってページを作るのだと、そう言っておりますとも(笑)

2006/04/21
 
jpg画像 最終調整とデバッグ(img49.jpg) -49- 最終調整とデバッグ

こん**は^^ へっぽこ代表@未だに仕事が上がらず、です。
現在はサークル「幻夢騎」チームを挙げての(といっても実は実働数人だったり)デバッグ中です。テストプレイの途中で「これってクリアできないんじゃないの?」なんて声にも負けないもン♪ 調整ミスなんてへっちゃらでぃ! まだまだ調整するサー。うへへへへへ☆
(変なテンションでごめんなさいm(_ _)m)
と、こんな調子でみんなでやりとりしながら、最後のデバッグ作業というものを進めています。その上で、ボイスファイルの最終調整をやっていたりする人間が約1匹。
毎度思うのですが、脚本を担当している立場としては、いつもいつも、ボイスの収録ということになると素晴らしいCV様(キャラクターボイス。声優さん)とご一緒できてご縁の不思議を思いながら感謝の念で一杯です。文字ばかりで表現されていたキャラクターの一人一人に生命が吹き込まれていく感じで素朴に感動する瞬間の連続です。
しかしデジタルデータの哀しい性かな、これを一つ一つ手で補正していかなくてはなりません。生の人間が雁首揃えていっせーのーでで一緒に一つの物語を作っていくならば気にしなくてもいいことですが、お互いにデジタルデータでやり取りをしている以上、どこかに基準というものを作って、それぞれの“声”という生きたデータを、その基準に合わせて補正・編集していかなきゃいけない。
最終的には聞いてくれるお人のために、と思いながら、手動で一個一個のセリフ、ボイスに、それぞれのニュアンスを生かして編集していくわけですが、そうすると、せっかくCV様が作り上げたリアルな世界を壊してしまうんじゃないか・・・なんてことも考えながら、言葉だけじゃなくって本当に何度も何度も、色々な試行錯誤を繰り返し、多分時間にして何十時間も、同じ種類のボイスデータを一個一個調整していく延々の作業です。
聞こえ方が悪い。ノイズが入っちゃう。音圧・音量が合わない。言葉が途中で切れちゃう。脚本とセリフが違うけど自然なニュアンスになっているから生かしたい。
本当に色々なことを考えながら延々と処理しつつ、その上で、組み上がっているスクリプトの上で実際のゲーム画面として、BGMも効果音もある中で動かしてみる。そしてまた調整に調整を重ねていく。

本当に幸せなことは、こんな地道で根暗な作業をずっと繰り返すボクに対して、スタッフの誰もが「なんでそこまでするの?」とはひとつも言わずに「頑張って下さい」と言ってくれることかもしれません。
“最終的には視聴者さんのために”と思いながら、本当は『少しでも素敵なものにしたいネ』っていう作り手のエゴを一生懸命に満たす作業をしているのかも、なんてことも思う今日この頃。

積極的に「ここはもっとこうしたらイイと思う」「このファイルはおかしいと思う」「ここの演出は」「ここのBGMはこっちの方が」etc. そういって付き合ってくれる全てのチームメイトに感謝してます。
でも疲れます・・・ここが最後の最後の本音だったりして(爆)

2006/04/12
 
jpg画像 またポカもしてみたり(爆)(img48.jpg) -48- またポカもしてみたり(爆)

えっと・・・・スクリーンショットは設定画面なんですけど、またちょいとポカしてみたりしました♪(ぉぃ
これは出来上がった方の画面なのですが、最初は音量設定の壱〜伍の表示の2番目を「弐」でなくちゃいけないのに「二」にしてて、他のデザイナーさんに「これは意図的に?」とかメールもらってしまいました。
「おお、ソーリィィィ!」と直したら、今度はさらに別のデザイナーさんで最近一緒にお仕事をしている堀内氏に「遅速って言葉はピンと来ませんけど・・・」と言われ。「低速・常速・高速」と書いているところを最初は「遅速」と書いていた。常識的に言ってそこは「低速だろうが!」ときっついツッコミをしないでやんわり指摘してくれてありがとおおTT
さらにプログラマーさんからは「このデザインですと、システム文字が表示される場所がボタンに重なってダメですねぇ」と言われ、急遽、システム文字(「タイトル画面に戻りますか? はい/いいえ」みたいなヤツ)の表示位置の方をズラしてもらったり。

何だか最近コレばっかり書いてますけど、ホント、システム系を逐一完成させていくのって、いつもいつも憂鬱になる作業ですね...何だか「ボクたちってば苦労してるなー、うーんうーん」って気分になって、ちょっとM的(はぁと

追伸
るーん氏が忙しく、まだもう少し斬羅鬼の紹介ページが作れないみたいです。こんな雑記帖を読んでおられる方が何人おいでか(きっとめちゃ少ないはず)不安ですが、一応ここでゴメンナサイと書いておいてと言われてます。

2006/03/30
 
jpg画像 タイトル画面ぺたぺた・・・(img47.jpg) -47- タイトル画面ぺたぺた・・・

タイトル画面のデザインと組み込みが終わって、ちょっぴり嬉しいのでペタペタと・・・(*´∇`*)
今回はデザイン全体が妙に漢字表現と半透明系エフェクトの嵐ですねー。フォトショップでデザインするのはそうそう難しいことじゃないんですが、これをプログラムで動く形に切り出して座標を合わせて、しかもアルファマスクという透明度を決定する別の仕組みで定義していくのが何ともすごい作業なのだ!うーん・・・・_| ̄|○<疲れるっス
本当に何度も試行錯誤しながら時間をかけてこういう作業をしていると、レイヤーモードの設定一発で色々なレイヤーの重ね方をしてくれるフォトショップというソフトのすごさが分かろうというものです。
いつかフォトショップで作ったイメージを中身も設定も効果も全部そのまんまに利用できるようなゲームエンジンが出て来たらいいな・・・とか。そんなことを言っていると、プログラマーさんにボコリとイかれてしまいそうですが(^^;

そんなこんなで、頑張って組み込みやってます。ふぅ・・・

2006/03/23
 

My Memory(It's Free!)